チョコレートの賞味期限はどれくらい?過ぎても食べられる?

スイーツ

家にあるチョコレートを食べようと思ったときに、賞味期限が過ぎて

しまっていたという経験はないでしょうか?

 

チョコレートは、賞味期限が過ぎても食べることができるのでしょうか…。

 

この記事では、チョコレートの賞味期限や、賞味期限が過ぎても食べることが

できるのかどうか見ていきたいと思います。

 

チョコレートが白くなるのはなぜ?


早速、チョコレートの賞味期限について調べてみました。

https://39mag.benesse.ne.jp/housework/content/?id=72530

 

こちらのサイトによると、チョコレートの賞味期限は短くて半年で、長くて

1年以上あるということがわかりました。

 

しかも、チョコレートによっては、冷蔵庫や冷凍庫で保存したりしたほうが、

賞味期限を長くすることができるようなのです。

 

冷蔵庫で保存したほうが良いチョコレートとしては、水分が多いチョコレートや、

チョコレート以外の原材料が入っているボンボンショコラのようなものが

あるそうです。

 

これらは、もともと賞味期限が短く設定されているので、冷蔵保存することで、

賞味期限がくるまで、美味しさを保てるのだそうです。

 

このようなボンボンショコラなどのチョコレートは、賞味期限内に食べきるのが

いいそうですよ。

 

また、冷凍庫でチョコレートを保存する場合には、チョコレートに

匂い移りしないように、「きちんと密閉する」ということが大事なの

だそうです。

 

こうすることで、賞味期限が半年や1年を過ぎたとしてもまだ食べられると

言われています。

 

正しく保存するということが大事ということがわかりますね。

 

そして、いざチョコレートを食べようと思ったときに白くなっていた

ということはありませんか?

 

どうしてこのようなことが起こるのか調べてみました。

https://www.pref.kyoto.jp/shohikids/choco.html#:~:text=%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AB%E5%90%AB%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%82%B3%E3%82%B3,%E3%81%AE%E3%81%8C%E3%80%8C%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%80%8D%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

 

こちらのサイトによると、チョコレートに白っぽい粉のようなものがつくのは、

「ブルーム現象」と呼ばれる害のないものだとわかりました。

 

チョコレートには、ココアバターという脂肪分が含まれているのですが、

これは28度前後で溶け始めてしまいます。

 

この溶けだした脂肪分がチョコレートの表面に浮き出て、これが冷えて固まると

表面に白く粉がふいたような状態になるのです。

 

このことを、ブルーム現象と言うそうです。

 

これについても、覚えておくと良さそうですね。

「大人の味」チョコレートの燻製ってどんな味?

チョコレートの燻製って食べたことありますか?

 

こちらのサイトによると、作り方もとても簡単らしいのです。

https://yamtaka03.com/chocolate-smoking-1596

 

材料は、板チョコ2枚、スモークウッド(サクラ)半分くらいです。

 

作り方はとっても簡単で、板チョコを燻製器に並べて、スモークウッドに

ガスバーナーで火をつけます。

 

そして、冷燻したら出来上がりです!

 

スモークウッドの様子を見ながら2時間くらい燻したらオッケーだそうです。

 

さらに、ポイントとしては燻製器の中の温度は5度以下に保ったほうが、

溶けにくくていいみたいです。

 

完成したチョコレートの燻製は、見た目はもとのチョコレートと全く

変わりないようですよ。

 

ただ、味はというと、チョコレートの甘みと燻製のスパイシーさが合わさって、

とても不思議な味なのだそうです。

 

食べ方としては、コーヒーと一緒に食べたり、燻製したチョコレートを溶かして

パンに塗って食べるのもおすすめです。

 

また、板チョコだけではなくて、色々なチョコレートで燻製を試してみるのも

面白そうですよね。

 

ぜひ、スパイシーな大人チョコレートを作ってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ


これまで、チョコレートの賞味期限はどれくらいなのか、またチョコレートが

白くなるのはどうしてか、さらにチョコレートの燻製についてお伝えして

きました。

 

チョコレートは、賞味期限が過ぎてもおおむね食べることができる

ということがわかりました。

 

しかもその期間は、賞味期限が過ぎて半年や1年といった長い期間に

なります。

 

ただ、お伝えしたように、正しく保存できていなければこれだけ長く

食べることはできなくなってしまいます。

 

なので、きちんと密閉した状態で冷蔵または冷凍保存するようにしたいですね。

 

また、チョコレートが白くなるのは、ブルーム現象と呼ばれるものだということが

わかりました。

 

初めて聞いたという人も多いのではないかと思います。

 

チョコレートを冷やしたら表面が白っぽくなったという経験をしたことが

ある人はけっこういるでしょう。

 

これがブルーム現象によるものだと知っておくと、不安に思わずに済みそう

ですね。

 

さらに、チョコレートは燻製にすることもできることがわかりました。

 

燻製といえば、ウインナーやチーズ、お肉といったものを思い浮かべるかも

しれませんが、チョコレートも燻製するとかなり美味しいようです。

 

子ども向けというよりも、大人に嬉しいスパイシーさがあるようなので、

お酒と一緒に食べるのもいいかもしれませんね。

 

板チョコだけではなくて、色々なチョコレートで試してみると、自分好みのものが

見つかるかもしれませんよ。

 

ぜひ、チョコレートの燻製も試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました