意外と知らない?!ウインナーはそのまま食べられる?生焼けはダメ?

ウインナーを朝ごはんに食べたり、お弁当に入れるという人も多いのでは

ないでしょうか。

 

そんなウインナーですが、どれくらい焼いたらいいのか迷うことってありませんか?

 

ウインナーの生焼けはダメなのでしょうか…。

 

この記事では、ウインナーの調理法についてお伝えしていきたいと思います。

 

ちょっとだけピンクならセーフ?唐揚げの生焼けの見分け方!

早速、ウインナーは生焼けでも食べられるのか、正しい調理法について調べて

みました。

https://www.themeatguy.jp/ja/howto/raw_sausage

 

すると、「生ウインナー」の場合は、必ずきちんと加熱をしないといけないという

ことがわかりました。

 

この生ウインナーというのは、お湯の中で加熱したり、焼いたりといった加熱処理を

していないタイプのソーセージのことをいいます。

 

つまり、生ウインナーを買った場合は、必ず自分で調理しないといけないのです。

 

ただ、よくスーパーなどで見かけるウインナーは加熱処理しているタイプのものが

多いかと思います。

 

こういった加熱処理されているウインナーは、パッケージの裏などに「そのままでも

食べられます」という風に記載されていたりします。

 

なので、ウインナーを買うときには、加熱処理をされているものかどうかを

確認して買うといいですね。

また、生ウインナーを買った場合には、調理法にも気を付けた方がいいようです。

 

生ウインナーの中まで、しっかりと火をとおすためには、次のような調理法が

おすすめになります。

 

まず、凍ったままの生ウインナーをフライパンに入れて、そこにウインナーが

半分つかる量の水を入れます。

 

次に、水を沸騰させて蒸発させます。

 

水がなくなったら、少量の油をフライパンに入れて表面がカリッとするまでしっかりと

焼きます。

 

必ず生焼けにならないようにしっかりと焼きましょう。

 

上記の調理法であれば、解凍する時間が省けるので時短にもなりますね!

 

そして、ウインナーだけでなく、唐揚げも日頃よく食べるという方も多いかと思いますが、

家で唐揚げを作る場合にも、実は注意が必要なのです。

https://kaiun-net.com/karaage-nama/

 

こちらのサイトによると、唐揚げを作ったときには、唐揚げを包丁で切ってみて、

断面の色を確認することが大事だとわかりました。

 

生の鶏肉は、ピンク色をしていますが、しっかりと火が通っていると白色に変わります。

 

なので、もし調理後に少しでもピンク色が残っているのであれば、それは生焼けに

なっているので、再度しっかりと火を通すようにしなければなりません。

 

鶏肉を生で食べることは、食中毒を引き起こす恐れがあり、とても怖いことなので

気を付けたいですね。

 

これって食べられる?メンチカツの生焼けの状態の特徴は?

冷凍のメンチカツを買って、家で揚げたり焼いたりする場合もあるかも

しれませんね。

 

このときにも、メンチカツが生焼けにならないように気を付けないといけません。

 

ここでは、メンチカツの生焼けの特徴について調べてみました。

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kenkou/anzen/food_faq/chudoku/chudoku31.html

 

こちらのサイトにメンチカツの生焼けの画像が載っていたのですが、それを見ると

生焼けの場合は、中のお肉の部分がジュクジュクしている感じで、色はピンク色の

状態でした。

 

こういった状態は、生焼けの特徴になります。

 

しっかりと中まで火が通っているメンチカツは、中のお肉がギュッとしまっていて、

色も茶色くなっています。

 

生焼けにはこういった特徴があることを覚えておくのと同時に、次のようなことにも

気を付けるといいようです。

 

一つ目は、「商品パッケージの記載の調理方法をよく確認する」ということです。

 

メンチカツによっても、調理方法が異なる場合があります。

 

その商品に適した調理方法でないと、うまく火を通すことができずに生焼けになったり

美味しく作れなくなってしまうので、注意したいですね。

 

二つ目は、「出来上がったメンチカツは必ず中を割って中心部の肉の色を確認する」

ということです。

 

パッケージどおりに調理しても、何かがいけなかったせいで中まで火が通っていない

ということもあるかもしれません。

 

これを防ぐためにも、出来上がったメンチカツの一つを割ってみて、中まで

しっかりと火が通って確認することが大事なのです。

ここまですると、安心してメンチカツを食べることができそうですね。

 

まとめ

これまで、ウインナーの生焼けはダメなのかどうか、また唐揚げの生焼けの

見分け方について、そしてメンチカツの生焼けの特徴をお伝えしてきました。

 

ウインナーは、加熱処理されているものだったらそのまま食べたりもできることが

わかりました。

 

ただ、生ウインナーの場合は、きちんと調理せずに生焼けのまま食べたりすると

お腹をこわしたり、食中毒を引き起こしたりといったことも起こるかもしれません。

 

なので、買ったウインナーが加熱処理しているものかどうかをしっかり確認することが

大事ですね。

 

また、唐揚げの中がピンク色であれば、それは生焼けであるということが

わかりました。

 

お伝えしたように、きちんと火が通っている唐揚げの中は白色となっています。

 

唐揚げを切ってみるなどして、中の色が白くなっているか確認するようにしたいですね。

 

そして、メンチカツの生焼けには特徴があることがわかりました。

 

なかなか生焼けのイメージがしにくいという場合は、先ほどご紹介したサイトに

生焼けの画像が載っていましたので、チェックされてみるといいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました