知恵の情報

笑顔で暮らしていくための知恵情報サイト

ひよっこ 佐々木蔵之介 佐久間由衣 八木優希 和久井映見 小島藤子 有村架純 木村佳乃

ひよっこ第9週の見どころとネタバレ 5月29日~6月3日放送

第9週目に突入した『ひよっこ』。
とうとうみんな別れる時が来てしまった。。。

今週のサブタイトルは『小さな星の、小さな光』です。

冬が迫りつつある日本。
いつものように仕事をこなしていたみね子たちに、衝撃的な知らせが告げられました。
それは向島電機の倒産という事実でした。

突然の倒産という言葉に驚きを隠せない一同。
近頃の経営が思わしくなく、従業員の減給もあった向島電機は、とうとう持ち直すことができないままとなってしまっていたのです。

みね子をはじめ、従業員の乙女たちも、舎監の愛子も、主任の松下もみんな悔しい思いでいっぱいでしたが、決定を覆すことはできません。
そしてみね子たちは、最後まで笑っていようと決意しました。

ひよっこ解散

tousan
そうして紆余曲折ありながらも、向島電機の人事の奔走の甲斐もあり、皆それぞれに新しい就職先が決まっていくのでした。
時子は所属する劇団の仲間の紹介で喫茶店で、豊子は食品会社の事務として、幸子は婚約者の雄大と同じ工場で、澄子とみね子は石鹸工場でそれぞれ働くことになりました。

そんな中、ずっと就職についてどうするか決めかねていた優子は、故郷の秋田県へと帰ることになりました。
優子はもともと体が弱いため、出勤日数がどうしてもネックとなり、なかなか就職先が決まらずにいました。
母との手紙のやり取りをする中でそれを相談したところ、帰郷する運びとなったのです。
wakare
出勤最後の日となる12月20日まで残ることはできず、その前日に帰ることとなった優子は、仲間と共に最後のコーラスで『見上げてごらん夜の星を』を歌い別れを惜しみました。
そしてそのコーラス最後の日には、雄大が幸子へプロポーズをしました。
実は優子が雄大の元を訪れ、その後押しをしていたのです。

そして訪れた工場の最終日。最後のラジオを作り上げると、社員にも一つずつラジオが手渡されました。
工場の終業時間に合わせて設備撤去のために業者も訪れていました。

豊子初めての抵抗

そんな中豊子が工場の鍵を閉めて抵抗します。
生まれて初めて自分が自分でいられる場所をなくしたくない、そう言って中々出てきません。
toyoko
しかし業者も仕事で時間が差し迫っているからと急かします。
やがてはもみ合いになる中、みね子たちの必死の説得で豊子は自分から鍵を開けます。
その後は業者へお礼とお詫びを告げ、豊子の想いを知ったみんなの絆はより一層深まりました。

最後の夕食のメニューはカレーをお腹いっぱいに食べて、次の日から続々と各々が新たな地へと旅立って行きました。
正月には実家へ帰る予定だったみね子と時子は現状から帰ることはできないと判断し、それを三男に伝えました。

ついに澄子とみね子、愛子だけになった乙女寮で食事をする3人。
静かな食堂を、一人の訪問者が訪れます。その正体とは・・・。
sannninn
今週の見どころは、それぞれの想いと旅立ちです。
特に豊子の思い切った行動には心が締め付けられる思いです。
それでも前を向いて進む乙女たちの背中はたのもしく、これからどんな困難が訪れても彼女たちなら大丈夫、そう思わせてくれます。

さて、来週はいよいよ10週目に突入する『ひよっこ』。
新たな人物も登場し、恋の予感も・・・?
そして訪問者は一体誰なのか、まだまだ目が離せません。

-ひよっこ, 佐々木蔵之介, 佐久間由衣, 八木優希, 和久井映見, 小島藤子, 有村架純, 木村佳乃